広島カープチケット抽選券配布で未曽有の大混乱!転売防止のためだが販売方法には無理がありすぎ!!

昨日25日、広島カープの今季公式戦チケット購入において、マツダスタジアム周辺が未曽有の大混乱となった。何と、チケット購入のための抽選券配布のために5万人を超えるであろうファンがつめかけ、途中で配布が打ち切られるハプニングが発生。これはおそらく日本スポーツ界でも前例のない騒動といえよう。

広島カープは従来、公式戦チケット販売は先着順だった。だが今年は購入のための抽選券配布という新方式となった。それは転売のための買い占め防止、多くのお客様に購入機会を提供することが目的だった。そして今回は3月1日、2日に窓口販売で購入できる合計2100人を選出するための抽選券配布が25日となり、27日にカープ公式ホームページにて当選者発表という仕組みだ。なお当選者はマツダスタジアムでの今季公式戦全70試合中、1人5試合まで枚数制限なしで購入できる。そして抽選券自体は2100人を超えた場合でも来場者全てに配布予定だった。
すると25日には案の定、いやそれどころではないくらい長蛇の列が形成されたわけだ。

この日は配布開始は11時予定だったが、パニックを抑えるためか、9時40分から配布された。だが事前に「11時までに来場された方全員に抽選券配布する」と発表していたにもかかわらず、途中で配布を打ち切ったらしい。推定5万人以上のファンが殺到したため、周辺の交通などに支障が出る可能性があったのが原因とみられる。

おそらく5万人分は配布できなかったのだろう。そのため、当然出遅れて抽選券を入手できなかったファンは納得いかない。一部ファンはスタッフに抗議、さらには詰め寄るありさまとなった。スタッフ達は慌てて謝罪したが、それでもなお怒号が飛び交っていた。

だが今回の場合は販売方法に無理がありすぎだ。開幕前から年間全試合分を一括販売、しかも1人5試合までだが枚数制限なしなんておかしい。そんなやり方では抽選券配布の時点でも無理してチケットを求めるに決まってる。抽選なら転売防止、さらにはケンカまで伴う早期からテントをはっての不毛な場所取りまでも回避できるとにらんだのだろうが、チームとしての見通しが甘かったように思える。近年のカープ人気の高さが裏目に出たということか・・・。

マツダスタジアムでの広島戦チケット入手は近年、年月を追うごとに入手が困難になっている。2009年にマツダスタジアムが使用されるようになってから、アイデアに富んだ集客サービスが始まり、2013年あたりからはカープ女子ブーム発生。2015年には黒田博樹の年俸8割減男気復帰により人気が急上昇。そして昨年までのリーグ戦V3。今年は丸佳浩がFAで巨人移籍したものの、人的補償により長野久義が加入。チームとしては最近好循環が続いている。

だがその分悪ノリ勢力も蔓延るもの。にわかファンやカープ女子ナンパなんてまだかわいいレベルで、一番の問題は何度も報じられている転売目的者だ。従来の先着順方式だと、先述したような買い占めが可能、下手をすれば場所取りトラブルにもつながる。それを防止するための抽選券配布制度に至ったが、今回早くも大混乱。そもそも抽選制度にしてもまだ転売目的者の買い占めを防げる保証はない。

そうなるとやはり現時点で考えられるのは、年間一括販売をやめて年に4~5回くらいで分散販売にすべきではないか。開幕前からシーズン後半・終盤のチケットを入手しても、アクシデントや冠婚葬祭などで観戦できないケースはありうる。それにマツダスタジアムでの試合を観戦したいビジターファンもおり、現地でないと入手できないなら、他の地域の広島ファンやビジター側ファンには不利といえる。分散した方が後に発生しうるアクシデントで観戦断念の可能性は低くなり、断念した人のチケットが後で高額転売されにくくもなる。少なくともJリーグは多くのチームが分散販売している。

とりあえずは年間の試合を分散販売にすればビジター側にとっての不公平や当日観戦できないという問題は小さく抑えることはできるだろう。そうなると一番の問題は転売目的者の存在だが、その対策としては、昨年12月にチケット不正転売禁止法が公布された。そして今年の6月14日から施行されるという。不正転売は処罰の対象になる。今回広島カープのチケット販売の混乱のきっかけともいえる転売目的者がいなくなることを強く願う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック