テーマ:ビジネス

2019年参院選はいよいよ明日まで。まさに日本の運命をかけた選挙だ!国民達よ、まずは安倍改憲を止めてねじれ国会にし…

ついに参院選の選挙戦もだいぶ終盤になり、明日開票だ。前から述べたように、この選挙は日本の命運がかかっている。 この参院選で間違って自民・維新・公明で3分の2を獲得してしまったら、憲法改正が進んでしまう。憲法改正は自衛隊をいつでも海外へ飛び立たせることのできる戦闘兵士にすることなどが目的といわれるが、その裏に潜む「緊急事態条項」こそ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

映画「新聞記者」見てきた!これはまさに日本社会の縮図!参院選前に観ておくべきだ!

先日映画「新聞記者」を観てきた。これこそが昨今の日本社会の縮図なのかと痛感させられた。まさに今の安倍晋三政権の下でなされていることとほぼ同じで、しかもよく2時間程度の映画の中で凝縮させたものだと感心した。つぶさに政治や社会における問題を観てきた望月衣塑子記者(東京新聞)の著書「新聞記者」をモチーフにしただけのことはある。 伊藤詩織…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2019年もそろそろ折り返し。そして来月は日本の運命をかけた参院選!何が何でも自公維新を倒そう!

早くも2019年の6月終盤。つまり折り返し地点になろうとしている。 思えば今年はJリーグでの外国人枠拡大元年、選挙が重なる亥年、平成から令和への元号変更など、激動の1年といえよう。それがもう半年経とうとは本当に月日の経過が早い。 さて、来月にはいよいよ参院選が始まる。この選挙は政権側が負けても政権交代はないが、野党側が過半数を占…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

令和初日に映画「主戦場」見てきた!これは若者こそ見ておくべき映画だ!

今日からついに新元号「令和」になった。案の定、渋谷の大通りでは過去のW杯騒ぎやハロウィン騒ぎ同様、お若者がたくさん集まり令和騒ぎになった。もっとも過去のバカ騒ぎよりは少し抑え気味だったが。 さて、元号を挟んだ連休中に私は気になる映画を見てきた。ドキュメンタリー映画「主戦場」だ。ネット上ですごく反響があったようなので、極力切り詰めること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ついに明日から楽しくない10連休!TVや買い物、旅行は控えて冷静に過ごそうぜ!

ついに明日から例の10連休が始まる。「例の」というのは今回の10連休はイメージが悪いからだ。 今回の10連休はとにかく楽しみより苦痛すら感じられる。いくつか理由があるが、 「非正規雇用では給料は月額固定ではなく時給なので大損」「連休明けの銀行が混雑する」「株式市場でのリスク」などが思い浮かぶだろう。株についてはむしろ円高株安にな…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

イチローのマスコミへの厳しさは必然!マスコミはもっと勉強しろ!そして安倍政権への忖度はやめろ!

もう先週のことだが、野球界のスターであるイチローが現役引退した。イチローはオリックス、そして大リーグで追随を許さない程の活躍を続けた。そして強烈な個性を放ち続けてきた。さすがに寄る年波に勝てないといったら失礼だろうが、プロでの28年間はさぞ濃密だっただろう。まずはお疲れ様。 さて今回私が述べたいのは、イチローのマスコミに対する姿勢…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

何が戦後最長景気だよ!?統計不正に彩られただけだろ!!元々サギノミクス景気だったのだ!!

昨日7日、景気の状況を示す1月の「景気動向指数」が、3か月連続で悪化し、内閣府は基調判断を「足踏み」から「下方への局面変化」に引き下げたと発表。もともと政府は1月末の時点で、景気拡大が戦後最長の6年2か月に達する可能性が高いと宣言していた。だが実際はそこまで達しておらず、政府見解とは大きく異なる結果となった。 そりゃそうだ。もとも…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

広島カープチケット抽選券配布で未曽有の大混乱!転売防止のためだが販売方法には無理がありすぎ!!

昨日25日、広島カープの今季公式戦チケット購入において、マツダスタジアム周辺が未曽有の大混乱となった。何と、チケット購入のための抽選券配布のために5万人を超えるであろうファンがつめかけ、途中で配布が打ち切られるハプニングが発生。これはおそらく日本スポーツ界でも前例のない騒動といえよう。 広島カープは従来、公式戦チケット販売は先着順…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Jリーグ選手名鑑を見たら、やはり外国人枠拡大で外国人の数が多くなった!でも名より実が大事だよ!

私はもうJリーグへの関心が薄れ、今年はJリーグは見ないと決めていたが、それでも今年もまたJリーグ選手名鑑を買ってみた。理由は、今年からの外国人枠拡大で外国人選手がどれだけ増えたかを確認したかったからだ。 まだざっとしか見てないけど、やはり総じて外国人が多くなっている。ただ、チームによっては、J1では5人、J2・J3は4人全て埋まっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やはりアベノミクスによる景気回復はウソだった!実質賃金は大半マイナス!!これで増税なんてさせないぞ!

毎月勤労統計においてとんでもない偽装の報道があった。2018年1~11月の実質賃金伸び率(前年同月比)の大半がマイナスになるとのこと。これまで示していたはずの「参考値」と比べて平均0.5%のマイナスになる。当初は3月、5~7月、11月は前年同月比プラス、6月に至っては2.0%のプラス。だが専門家の試算では、6月以外すべて前年同月比でマイ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

北方領土問題難航であらためて思う。外国に甘く、自国民に厳しい首相など支持するに値しない!

自民党安倍晋三政権はもう既に7年目に突入したが、相変わらず「外国及び自国官僚・経団連には甘く、一般国民には厳しい」を貫き通してばかり。こんな弱い者イジメばかりの首相のせいで一般国民の生活は民主党政権時代よりむしろ苦しくなり、あと8か月強で消費税を10%に上げるとは本当にひどい話だ。坊ちゃん育ちで一般国民の生活を無視してばかりの首相がいま…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

日産カルロス・ゴーン会長虚偽記載で逮捕!!約20年続いた非情・独裁体制はブザマに終焉!!

昨日、日産自動車カルロス・ゴーン会長とグレッグ・ケリー代表取締役が金融商品取引法(有価証券報告書の虚偽記載)で逮捕された。自身の報酬を過少申告した疑いがあり、東京地検特捜部が家宅捜索した。 詳細としては、ゴーン会長は2011年から15年までの5年間で99億9800万円の報酬を受け取っていたにも関わらず、有価証券報告書には49億87…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プロ入りだけが人生じゃない!スポーツ至上主義に染まらなかった志村亮の生き方はカッコいい!!

先日のプロ野球ドラフト会議の前後の時期から思ったことだけど、即戦力クラスだからといって必ずしもプロ入りすることや五輪・W杯などで活躍することだけが人生じゃない。 これは過去日本球界で大いに注目されたにも関わらずプロ入りせず、自分なりの人生を進んだ慶応義塾大学野球部エースだった志村亮を見て感じたことだ。 志村亮は六大学野球在学…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

相次ぐ値上げに次いで消費税10%で生活負担増大!それでも野党より自民党の方がマシといえるか!?

もう報道で皆さんご存知だろうが、安倍晋三首相は過去2度延期してきた消費税10%への増税を今度は予定通り2019年10月1日より強行することを15日に表明。だが今回も消費税10%への増税は反対だ! そもそも日本は2013年から異常なくらい円安株高を進め、それに伴ってあらゆる商品・サービスがどんどん値上げされている。だがそれでいて大企…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

広島カープセ・リーグ3連覇おめでとう!!巨人以外のセ・リーグV3を望まない雑音によく耐えた!!

ついに広島カープがセ・リーグ3連覇を達成!!しかもセ・リーグでの巨人以外のチームによる3連覇は初めてのことだけに非常に価値のある話だ。セ・リーグで巨人以外のチームが3連覇したことでさすがに巨人中心主義もある程度は薄れることだろう。これで野球界における価値観が変わることに期待したい。 それにしても今年はV間近になって生みの苦しみを味…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イニエスタ&フェルナンド・トーレスの黒星デビューで一言!「サッカーはカネでやるものじゃない!!」

J1リーグが中断から再開して2試合目、ちょうど前半戦最後の17節目にして、ついに噂のアンドレス・イニエスタが神戸で、フェルナンド・トーレスが鳥栖でJデビューを果たした。結果は神戸が湘南に0-3、鳥栖が仙台に0-1と敗戦。それでも両会場とも地獄の猛暑にも関わらず通常以上の集客を見せ、途中出場の瞬間は大いに盛り上がった。ただ私はそれでも一言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

汚く見苦しい日本のベスト8進出は許さない!ベルギーよ、W杯を汚さないためにも必ず日本を倒してくれ!

ただでさえもえこひいきされすぎの日本が最後は腰抜けなサッカーで決勝トーナメント進出を決めてしてしまった!すごく悔しい!! そもそも今大会を迎えるにあたって、本田圭佑や香川真司などのスター選手がヴァヒド・ハリルホジッチ体制で途中から出番が減っていたとはいえ、スポンサーを使って日本サッカー協会に圧力をかけてハリルホジッチ監督を解任させ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

敗退確定のポーランドは最後の意地で日本を倒せ!そしてセネガルとコロンビアは引き分けてほしい!

昨日はどうしても納得がいかないことがあったのと、そろそろ最近になって述べたいことがあるので、先にW杯とは異なる記事をUPさせてもらった。だが今日は少し落ち着いたのでまたW杯関連のことを述べておこう。 日本はグループステージ2戦目、セネガルには負けると思っていたが、残念なことに日本が引き分けに持ち込んでしまった。何より本田圭佑の同点…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

あれから8年強だが、鳩山由紀夫・小沢一郎体制が懐かしい。あの頃に戻りたい・・・!

毎年今くらいの時期になると必ず思うことがある。それは「鳩山由紀夫氏が2010年6月にいきなり首相を辞任せず、小沢一郎氏がまだ睨みを利かせていればよかった」ということだ。8年以上経過してもそう思う。 2009年夏の総選挙で民主党は快勝、メディアも国民も当時民主党に大いに期待していた。当時の代表だった鳩山由紀夫氏が首相となり、トロイカ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ロシアW杯で本田圭佑忖度ジャパンはグループステージで敗退すべし!栄えあるW杯を汚さないでほしい!

サッカーロシアW杯での日本代表のグループステージ初戦コロンビア戦まであと6日となった。4月中旬に西野朗氏が日本代表監督となって、当初は西野監督なら判定など問題がなければ応援してもいいと思っていたが、最近は応援する気がなくなった。むしろ、グループステージで敗退してほしいと思うようになった。それは明らかに本田圭佑を優遇し、彼のための大会にし…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

人間社会に必要なのは優しさと公平性、不要なのはカネに対する甘さとスポーツ至上主義だ!

最近特に日本にいえることだが、本当に野蛮で理不尽な社会になったものだな。5月上旬から連日報じられている日本大学アメフト部反則タックル問題での日大アメフト部首脳陣の恐怖政治しかり、自民党安倍晋三政権への批判封じ報道しかり。さらにはサッカー界に蔓延するマネーゲームの影響で楽天三木谷浩史オーナーによるJリーグ背番号変更禁止ルールに対する強制的…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Jリーグはカネが全てでいいのか!?カネで格差がつくなんて理不尽だし感動なんてないぞ!

ついにヴィッセル神戸があの世界的名手イニエスタを獲得した!年俸はJ史上最高の32億で3年契約。元々は楽天がバルセロナのスポンサーになったことがきっかけとみられる。 だが私は最近の神戸、というより楽天三木谷浩史オーナーのやり方に不満がある。もちろんJリーグ村井満チェアマンに対しても・・・。 最近のサッカー界は欧州や中国を筆頭にマネ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

今日でJリーグ25周年!!本当に技術は向上した!あとはカネにとらわれないようにしたいね!

日本の皆さん、特にサッカーファンの方々は覚えているだろうか? 今日2018年5月15日はJリーグが誕生して25周年。1993年5月15日にヴェルディ川崎vs横浜マリノスで幕を開けたJリーグもついに丸25年経過したのだ。この1993年の時点では25年、いや10年後でもどうなっているのか、先が読めなかっただろう。それでも25年経過してしみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松坂大輔中日入団!だが全盛期とは程遠く、本当に戦力になるのか?それでも巨人だけは抑えてほしい!

あの「平成の怪物」松坂大輔が中日に入団することになった。松坂といえば最近では2014年冬ソフトバンクに3年12億円の大型契約で入団し期待されたものの、3シーズンでの一軍登板は2016年の1試合のみ。ホークスとしては大きな期待を寄せ、常時松坂の体調を細かくチェックし、気遣っていたが、鳴かず飛ばず。結局2018年から育成選手契約かコーチ契約…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小室哲哉の突然の引退はメディアの悪しき不倫報道によるもの!!もう文春砲はやめようよ!!

2018年も1月が半分以上経過したが、ここにきてまたショッキングなニュースがあった。 何と、音楽プロデューサーでレジェンドともいわれた小室哲哉氏が引退することになってしまったのだ。 小室哲哉といえばもう59歳で、いわゆる還暦が近いが、それでも常にエネルギッシュで国民たちをワクワクさせる音楽を提供してくれた。個人的にはTMNe…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

分配金配分形式変更からほぼ1年。だからこそいわせてもらう。パフォームマネーは健全な形で使ってほしい!

Jリーグは2016年夏に英国動画配信大手のパフォームグループとの大型契約により、財務基盤が強化され、それに伴い各チームへの分配金、中でもJ1での上位入賞賞金が大幅にUPすることになった。そこからもう1年が経とうとしている。J1リーグは31節(鹿島と浦和はACLとの兼ね合いで32試合)まで消化。早くも鹿島が優勝に王手となった。 案の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

C大阪2017年ルヴァン杯優勝でついに初戴冠!!それに対して川崎Fは・・・

2017年11月4日、Jリーグルヴァン杯決勝のC大阪vs川崎が行われ、先ほどC大阪が2-0の勝利で優勝。これはJ発足後のC大阪にとって初めての主要タイトル獲得となった。これまでC大阪は特にカップ戦では何度か決勝まで進みながらいずれも涙をのんだが、今年はJ1リーグでの好調ぶりを維持してようやく悲願の初戴冠となった。しかも今大会は準決勝まで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大義なき解散から衆院選公示へ。国民たちよ、今こそ自民党の理不尽政治に終止符を打とうぜ!

ご存知の通り、自民党安倍晋三首相が解散宣言し、10月22日投開票となった。そして明日10日に公示となる。だが今回の解散はまさに大義なき解散だ。 そもそも安倍晋三首相がいきなり今のタイミングで解散宣言したのは以下の理由にすぎない。 「森友学園・加計学園の疑惑を隠し、風化させたい」 「野党再編どころか、民進党の崩壊ぶりが目立ち…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

浦和レッズは目先のACL優勝よりも来年以降へ向けての再建を優先するべきだ!

2017年Jリーグもいよいよ終盤戦になるが、鹿島と共に優勝争いが期待されていたはずの浦和が苦しみあえいでいる。ルヴァン杯はベスト8、天皇杯はベスト16で敗退し、J1リーグも27節終了時点で12勝5分10敗の勝ち点41、7位で、ぶっちぎり首位独走中の鹿島とは勝ち点20差。さらにはACL進出の条件である3位柏とは勝ち点12、天皇杯優勝チーム…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

広島カープ、平均年俸11位での連覇はすばらしい!金満化したJリーグも学ぶべきところがあるのでは?

広島カープが2017年もセ・リーグで優勝し、連覇を成し遂げた。最近のプロ野球では連覇となると資金力豊富な巨人とソフトバンク以外は無理と思われ、しかも広島は今年12チームの日本人選手の平均年俸は11番目と下から2番目なだけにこの連覇は非常に価値のあるものだ。 思えば今年の広島はレジェンド黒田博樹が引退し、さらに野村祐輔と左右のエース…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more