テーマ:野球

中日ドラゴンズ応援歌問題に一言。「お前」で何が悪いの?期待や愛情を感じないのか!?

最近中日ドラゴンズの応援歌の一つ「サウスポー」が自粛されたらしい。 どうも中日球団の方から応援団側に不適切な文言があったと自粛を求めたようだ。 「サウスポー」の歌詞の中に「お前が打たなきゃ誰が打つ」のうちの「お前」が問題視されたのだ。だが何が悪いのか?むしろ期待や愛情を感じるだろう。それにプロスポーツは勝ってナンボ。お嬢様的にチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3度目の国民栄誉賞辞退!政権利用されなかったイチローは見事!選挙では自・公・維新以外に投票しようぜ!

先週現役引退したイチローがまた素晴らしい話題を作ってくれた。 何と、国民栄誉賞を辞退したのだ。しかもイチローは過去2度も辞退したので、今回で3度目だ。理由は明かされてないものの、野球界にまだ関わっていきたいという意思はあるようだ。 イチローといえば日米通算4367安打、オリックスでは国内史上初の200安打、大リーグでも10年連続…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イチローのマスコミへの厳しさは必然!マスコミはもっと勉強しろ!そして安倍政権への忖度はやめろ!

もう先週のことだが、野球界のスターであるイチローが現役引退した。イチローはオリックス、そして大リーグで追随を許さない程の活躍を続けた。そして強烈な個性を放ち続けてきた。さすがに寄る年波に勝てないといったら失礼だろうが、プロでの28年間はさぞ濃密だっただろう。まずはお疲れ様。 さて今回私が述べたいのは、イチローのマスコミに対する姿勢…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

東日本大震災から8年、そして斎藤佑樹もプロ入り8年経過。斎藤佑樹がプロで不振だった理由は・・・

もう既に経過したが、あの悪夢の東日本大震災から8年が過ぎた。まだ震災復興も道半ば。現地の方々が今後幸せになることを願いたい。 さて8年というと、実はプロ野球でも高校時代から人気抜群だった斎藤佑樹が日本ハム入団してプロ8年目が過ぎた。だが斎藤はここまでの間、プロ入り前に期待されたほどの成績を残せていない。むしろ8年間不振続きという批…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

広島カープチケット抽選券配布で未曽有の大混乱!転売防止のためだが販売方法には無理がありすぎ!!

昨日25日、広島カープの今季公式戦チケット購入において、マツダスタジアム周辺が未曽有の大混乱となった。何と、チケット購入のための抽選券配布のために5万人を超えるであろうファンがつめかけ、途中で配布が打ち切られるハプニングが発生。これはおそらく日本スポーツ界でも前例のない騒動といえよう。 広島カープは従来、公式戦チケット販売は先着順…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松坂大輔、ファンサービス中のまさかの右肩負傷!もはや今後はファンサービスの在り方を考え直すべし!!

既に昨日ネットで見た話だが、中日の松坂大輔投手が沖縄・北谷キャンプでファンとの交流の一つ、ハイタッチの際にファンとの接触の際、強く右手を引っ張られたらしく、右肩に違和感を覚え、当分ノースロー調整を余儀なくされた。こうなると開幕も厳しくなったと言わざるを得ない。 世間では、松坂大輔=怪物のイメージが強いため、いくらその時のファンが怪…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

巨人愛の長野久義、人的補償で広島に電撃移籍!!まさに男気だ!!後はバットで結果を出そうぜ!!

今日は夕方になっていきなりビックリ! ネットをチラっと見ていたのだが、何と、プロ野球巨人の長野久義がFAで広島から獲得した丸佳浩の人的補償として広島に移籍。プロ野球におけるFAで選手獲得したチームはその選手の前所属チームに金銭か人的補償での選手を与えることが決まっているが、それにしても長野久義といえば掛け値なしの巨人の外野レギュラー、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頼むRマドリー!鹿島のCWC優勝を阻止してくれ!!もう鹿島一強時代は見たくない!!

今年のACLを制した鹿島のCWCがついに開戦!準々決勝からのスタートで対戦相手はメキシコのグアダラハラ。結果的には3-2と逆転勝利。 まずは開始3分にいきなり失点し、前半はビハインドで折り返し。後半になると早くも4分に土居聖真のクロスから永木亮太が押し込み同点。そして後半24分にはPK獲得し、セルジーニョが決めて逆転。終盤には1点…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

プロ入りだけが人生じゃない!スポーツ至上主義に染まらなかった志村亮の生き方はカッコいい!!

先日のプロ野球ドラフト会議の前後の時期から思ったことだけど、即戦力クラスだからといって必ずしもプロ入りすることや五輪・W杯などで活躍することだけが人生じゃない。 これは過去日本球界で大いに注目されたにも関わらずプロ入りせず、自分なりの人生を進んだ慶応義塾大学野球部エースだった志村亮を見て感じたことだ。 志村亮は六大学野球在学…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

湘南ベルマーレ、ルヴァン杯初優勝!サッカーはカネじゃないことをよく示してくれた!!

今日、ルヴァン杯決勝戦湘南vs横浜Mが行われ、1-0で制した湘南がクラブ初のルヴァン杯優勝を果たした。共に今季はリスクを恐れない攻撃的な戦いを志向し、前半はどちらも前へというのが伝わったが、途中からはジリジリ湘南寄りの展開となった。そして前半36分にはDF(左ウィングバック)の杉岡大暉が豪快なミドルシュートを決めて先制。後半は少しずつ足…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

広島カープセ・リーグ3連覇おめでとう!!巨人以外のセ・リーグV3を望まない雑音によく耐えた!!

ついに広島カープがセ・リーグ3連覇を達成!!しかもセ・リーグでの巨人以外のチームによる3連覇は初めてのことだけに非常に価値のある話だ。セ・リーグで巨人以外のチームが3連覇したことでさすがに巨人中心主義もある程度は薄れることだろう。これで野球界における価値観が変わることに期待したい。 それにしても今年はV間近になって生みの苦しみを味…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

広島カープ独走V3で何が悪い!?むしろ巨人中心・拝金主義の歴史を断ち切る絶好の機会じゃないか!!

最近、東スポとはいえ、このようなとんでもない記事があり、気になって拝見させてもらった。 大下氏がセ5球団に苦言「広島の独走許すならプロ野球の衰退につながる」 言葉の主は何と・・・広島の名物OB・鬼軍曹として有名な大下剛史氏だ。 コーチ時代はとにかく厳しすぎで有名、解説者としても妥協や忖度とは無縁の厳しいコメントが目立つナイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近プロ野球で乱闘減少!技量や意識は向上したが人生を乗っけるほどの感動はなくなったね!

近年思ったことだが、プロ野球での乱闘がほとんど見られなくなった。いや、サッカーや他の競技でも審判の判定に対する見苦しい抗議はあっても、一触即発や目が血走るほどの熱いバトルはほぼ見られない。もちろんサッカーではラフプレー一つでレッドカードが出るくらいだから下手なマネはできないが、それにしても最近プロ野球をはじめ、日本スポーツ界は技術向上は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松坂大輔中日入団!だが全盛期とは程遠く、本当に戦力になるのか?それでも巨人だけは抑えてほしい!

あの「平成の怪物」松坂大輔が中日に入団することになった。松坂といえば最近では2014年冬ソフトバンクに3年12億円の大型契約で入団し期待されたものの、3シーズンでの一軍登板は2016年の1試合のみ。ホークスとしては大きな期待を寄せ、常時松坂の体調を細かくチェックし、気遣っていたが、鳴かず飛ばず。結局2018年から育成選手契約かコーチ契約…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

星野仙一まさかのすい臓がん死!だが野球界の歴史を変えたナイスガイでカッコよかったぜ!

2018年早々、衝撃的なニュースが迸った。何と、プロ野球きっての闘将星野仙一氏が1月4日に亡くなったのだ。死因はすい臓がん。70歳でまだまだ球界に多大な影響力を及ぼし、理想の上司としても注目されていただけに野球ファンならずともショッキングな話だ。 2017年時点でも殿堂入りの時など仕事に支障はなく元気にふるまっていたはずだが、実の…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

運不運はあってもやはりドラフト制度っていいよね!戦力格差拡大と競争力低下を防止するには不可欠だ!

最近はまた忙しくてなかなかブログを書いてなかったけど、先日のプロ野球ドラフト会議の結果を受けて思ったことがある。 やはりプロ野球のドラフト制度はいいよね! プロ野球のドラフト会議といえば、一時期逆指名制度だったこともあったが、近年はまたかつて多くのファンをドキドキさせたウェーバーでのクジ引き制度になっている。今回のドラフト会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

広島カープ、平均年俸11位での連覇はすばらしい!金満化したJリーグも学ぶべきところがあるのでは?

広島カープが2017年もセ・リーグで優勝し、連覇を成し遂げた。最近のプロ野球では連覇となると資金力豊富な巨人とソフトバンク以外は無理と思われ、しかも広島は今年12チームの日本人選手の平均年俸は11番目と下から2番目なだけにこの連覇は非常に価値のあるものだ。 思えば今年の広島はレジェンド黒田博樹が引退し、さらに野村祐輔と左右のエース…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

清宮幸太郎最後の夏!だが贔屓や政治的利用はやめてほしい!まずは西東京の対戦相手の奮闘に期待!

2017年夏、それは清宮幸太郎にとっての高校最後の夏となる。そして国民の多くは清宮幸太郎擁する早稲田実業高校の甲子園進出、願わくば優勝を願っているのだろう。 だが私はあえて言わせてもらおう。 「清宮幸太郎の最後の夏だからといって、西東京の対戦相手は変に手心を加えるようなマネをせず、全力で倒しに行ってほしい!」 それこそ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

清宮幸太郎春のフィーバー早くも終戦!やはり高校卒業後は大学進学した方がいいのでは・・・

2017年春の甲子園もやはり早稲田実業スラッガー清宮幸太郎が中心だったが、2回戦で早くも終戦。それによって今大会における清宮幸太郎贔屓による不公平レースが終わり、勝ち残った球児たちも余計な神経を使わず、全力で戦えるというものだ。 それにしても明徳義塾との1回戦は清宮自身は会心の打撃こそなかったものの、最終回にうまいこと四球で出塁~…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

分配金上位偏重で今後Jリーグはつまらなくなってしまう。そこで村井満チェアマンに言いたいこと・・・

Jリーグについて、最近どうしても納得いかないことがある。 もうご存知だろうけど、昨年夏にJリーグは英国動画配信大手パフォームグループとの大型契約により、財務基盤が強化され、それに伴い各チームへの分配金、何よりもJ1での上位入賞賞金が大幅にUPすることになった。だが私はその分配金など上位偏重の姿勢にかねてから不満を感じるようになった…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

広島カープ25年ぶりリーグ優勝おめでとう!やはり下位チームによる下克上は面白い!

もう先日のことだが、2016年プロ野球のセ・リーグは広島カープが25年ぶりに優勝。楽天イーグルスが参入して現行の12球団になってからもっとも優勝から遠ざかっていたチームだけに日本社会全体にとっても非常にセンセーショナルな出来事だったといえよう。私もさすがに今年の広島カープは本当によく頑張ったと思う。にわかファンが跋扈するくらいだから、プ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

第2の清宮幸太郎フィーバーは見たくない!残る西東京の対戦相手が早実を倒すことを願う!

2016年も夏の風物詩甲子園が近づいてきた。だが今回もあえて述べておこう。 「これ以上清宮幸太郎フィーバーは見たくない!!」 誤解のないように言っておくが、私は別に清宮幸太郎を批判したいわけではない。もちろん彼のバッティングのスケールなどは尊重する。そして今の野球界が清原和博あるいは松坂大輔の世代よりレベルや意識が低く感じら…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

岡崎慎司所属のレスター奇跡の優勝!!これで上位陣偏重の風潮に歯止めがかかることに期待!!

サッカープレミアリーグにおいて、今シーズンついにレスターが奇跡とも下剋上ともいえる優勝を果たした。日本代表FW岡崎慎司が所属しているのだが、もともと下馬評が低かっただけに本当にこの優勝は画期的といえよう。 元々昨シーズンは中盤戦から最下位をうろつき、終盤の奮闘で何とか14位で残留。そういう意味では現地の目の肥えたサポーターですら上…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

楽天イーグルス、デーブ大久保監督が1年でいきなり辞任!やはり坊ちゃんオーナーの現場介入は痛恨!!

楽天イーグルスの大久保博元監督が今季限りで辞任する意向だ。 楽天は、補強が空転して苦戦続きのオリックスと最下位争いの末についに最下位に転落。8月28日現在はゲーム差はなしだが、大補強のオリックスの方が地力では上で、楽天は負傷離脱が多いため、おそらくこのまま最下位定着が予想される。いずれにせよ、成績不振の責任をとり、今後話し合いの中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ついに終わった清宮幸太郎1年生の夏!だが報道は相変わらず異常!これ以上贔屓するのはやめろ!

今年の高校野球全国大会ではとにかく清宮幸太郎がスーパー1年生ということで大いに注目されていた。まさに今回の甲子園は清宮幸太郎のための大会と彩られていたといえよう。だが8月19日、その甲子園準決勝において、彼を擁する早稲田実業は仙台育英に0-7と破れ、ついに清宮幸太郎物語が終演した。 準決勝ではさすがに仙台育英という東北の名門が相手…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ああプロ野球界、女性ファン獲得重視のあまり勝利への執念が欠けてないか?もっと巨人に牙を剥こうぜ!

昨年のブログでも述べたことだが、近年はプロ野球の応援に夢中になる女性ファンが増え、球界全体も新規で女性ファンを増加させようとするビジネスが目立つようになってきた。 女性ファンが増えることで、その女性がいずれ結婚し、子供が生まれてから野球をやらせ、人材レベルがある程度は保たれるという期待はわからなくもない。今後も大谷翔平や田中将大、…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

西武退団から20年、森祇晶はあらためて名将だった!サッカーでも彼のような監督がいれば・・・

2015年に突入し、あらためて思ったことがある。 自分が今も当時も尊敬していた常勝西武ライオンズを率いていた森祇晶が監督を退任して20年が過ぎたんだなあと・・・。こんなふうに感慨に浸ったのは、森氏が西武においてとにかく安定した好成績を残し、同時に現場からの不満がほとんど聞かれず、まさにプロスポーツクラブにおける理想の監督だと思ったから…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

阪神大震災から丸20年経過。あれから日本は・・・

もうご存知だと思うが、今日1月17日であの阪神大震災から丸20年が経過になる。大震災といえば、どうしても2011年3月11日の東日本大震災が思い出されるが、阪神大震災も6434人という大規模な犠牲があっただけに今でも衝撃的といえよう。犠牲者の皆様には、謹んでご冥福をお祈りさせていただきます。 まあこんな冒頭のあいさつをさせていただ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

黒田博樹、メジャーでの厚遇を蹴って年俸5分の1でも古巣広島復帰!日本では初めてのカッコイイ話だね!

プロ野球でものすごい感動的な話があったなあ・・・。 米大リーグヤンキースでFAとなり去就が注目されていた黒田博樹投手が8年ぶりに古巣広島に復帰した。黒田はもともと大リーグでは5年連続2桁勝利(2014年は11勝9敗)と活躍中で、パドレスを筆頭に複数のチームが日本円にして約20億円の大型オファーを出していたくらいだ。来年2月で40歳にな…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

人間、中でも日本では環境が大事。スパルタ・体罰や消耗系練習よりマイペース・効率重視が勝つんだよね!

前から感じていたことだが、人間、特に日本においては、生まれつきの家庭環境やトレーニング環境の充実度で命運が決まるものだよな。最近でも日銀主導の悪質な追加金融緩和でさらに円安、すなわち値上げが著しく加速し、株価も上がってはいるが、そうした中で勝ち組として安心して生きていけるのは概ね英才教育を受けられ、周囲からのイジメなどのリスクを完全に排…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more