テーマ:その他スポーツ

松坂大輔、ファンサービス中のまさかの右肩負傷!もはや今後はファンサービスの在り方を考え直すべし!!

既に昨日ネットで見た話だが、中日の松坂大輔投手が沖縄・北谷キャンプでファンとの交流の一つ、ハイタッチの際にファンとの接触の際、強く右手を引っ張られたらしく、右肩に違和感を覚え、当分ノースロー調整を余儀なくされた。こうなると開幕も厳しくなったと言わざるを得ない。 世間では、松坂大輔=怪物のイメージが強いため、いくらその時のファンが怪…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

稀勢の里、あまりにブザマな形で引退!!日本人横綱不在の大相撲なんて何の価値もない!!

元々相撲に無関心な私だが、あまりに呆れてショックでもあっただけにあえて記事を書かせていただく。 相撲界で現在唯一の日本人横綱稀勢の里が引退することになった。元々ケガの影響もあってか、2017年夏場所から8場所連続休場するなど、練習量不足や実戦勘のブレを伴い、昨年の最後九州場所では初日から4連敗、さらに5日目からまた休場。そのため昨…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

昨年の被害者貴ノ岩が1年後に加害者に!やはり貴乃花不在で相撲界は地に堕ちたね!!

相撲界で幕内の貴ノ岩が冬巡業中に付け人に暴力をふるったという報道があった。 貴ノ岩といえば、昨年冬に元横綱日馬富士から理不尽な暴行を受け頭部を負傷。当時はまさに悲劇の主人公だった。またそこから貴乃花親方(当時)が敵討ちを目論み、それが高じて相撲協会を敵に回すものの、それまで相撲に無関心だった人々ですら相撲協会に不信感を持つようになり、…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

プロ入りだけが人生じゃない!スポーツ至上主義に染まらなかった志村亮の生き方はカッコいい!!

先日のプロ野球ドラフト会議の前後の時期から思ったことだけど、即戦力クラスだからといって必ずしもプロ入りすることや五輪・W杯などで活躍することだけが人生じゃない。 これは過去日本球界で大いに注目されたにも関わらずプロ入りせず、自分なりの人生を進んだ慶応義塾大学野球部エースだった志村亮を見て感じたことだ。 志村亮は六大学野球在学…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

最近寒暖差が大きい。そして俺の心は冷えすぎて荒みそうだ・・・!

最近は朝イチや夜と日中での寒暖差が大きくなっている。朝や夜遅くだと長袖どころか人によっては上着も必要だが、日中は半袖でも問題ないくらいだ。しかも同じくらいの時期でも今年は昨年までと比べてその傾向が強いような気がする。やはり今年は西日本における豪雨災害など、天候がおかしくなっているんだろうな。 さて、こう寒暖差が大きいと服選びが難し…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大坂なおみの二重国籍からの日本国籍選択は損得勘定むき出しであざとい!王者なら楽な道を選ぶなよ!!

先日、テニスの全米オープン女子で日本人初優勝した大坂なおみだが、案の定、彼女が日本人らしくないとか、日本よりアメリカ暮らしの方が長く日本語がイマイチだから日本人初という肩書に違和感があるという声が見られる。 そりゃそうだ。皆さまご存知のように、大坂なおみは二重国籍である。そして今まで20年の人生のうち、4歳からの17年間はアメリカ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

最近日本の女子アスリートは成績と容姿が反比例してることが多いな。その理由として考えられるのは・・・?

先日、テニスの全米オープン女子で大坂なおみが日本人としての初優勝を飾った。もっとも大坂なおみはアメリカと日本の二重国籍で昨今日本国籍を選んだため日本人としての記録となったのだが。 さて、その大坂なおみも含め、最近の日本人女子アスリートは五輪でのメダル獲得など、好成績を残しながら容姿については反比例しているケースが多いような気がする…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

錦織圭は温室育ちで贅沢すぎる!無冠の帝王でも年収38億なら四大大会優勝しなくてもいいんじゃないの!?

今年もテニスでは全米オープン真っ盛りになっている。毎年最後の四大大会だから盛り上がるのは当然なのだろうが、今回は錦織圭が順調すぎる。昨年はケガで棄権していたが、今年は早くもベスト16進出を果たした。 だが私は最近錦織圭には大いに不満を感じる。それはやたらと温室育ちで贅沢すぎる、さらに近年は商業主義やアンフェアで胡散臭い思惑が感じら…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

Jリーグはカネが全てでいいのか!?カネで格差がつくなんて理不尽だし感動なんてないぞ!

ついにヴィッセル神戸があの世界的名手イニエスタを獲得した!年俸はJ史上最高の32億で3年契約。元々は楽天がバルセロナのスポンサーになったことがきっかけとみられる。 だが私は最近の神戸、というより楽天三木谷浩史オーナーのやり方に不満がある。もちろんJリーグ村井満チェアマンに対しても・・・。 最近のサッカー界は欧州や中国を筆頭にマネ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

最近プロ野球で乱闘減少!技量や意識は向上したが人生を乗っけるほどの感動はなくなったね!

近年思ったことだが、プロ野球での乱闘がほとんど見られなくなった。いや、サッカーや他の競技でも審判の判定に対する見苦しい抗議はあっても、一触即発や目が血走るほどの熱いバトルはほぼ見られない。もちろんサッカーではラフプレー一つでレッドカードが出るくらいだから下手なマネはできないが、それにしても最近プロ野球をはじめ、日本スポーツ界は技術向上は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平昌五輪開催中でも北朝鮮報道なんて見苦しい!!あらためて憲法改正も消費税増税も反対だ!!

2018年も2月になり既に平昌五輪が開催されている。だがそんな中でも最近ずっと北朝鮮問題が連日報じられている。本当に見苦しい。 つまりこれは自民党安倍晋三政権による憲法改正・消費税増税に対する批判封じといえよう。 最近も私はTVなんて一部のアニメくらいしか見てないが、先日友人に会ったり、昨日もメールがきてて、そこで友人はTV…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

星野仙一まさかのすい臓がん死!だが野球界の歴史を変えたナイスガイでカッコよかったぜ!

2018年早々、衝撃的なニュースが迸った。何と、プロ野球きっての闘将星野仙一氏が1月4日に亡くなったのだ。死因はすい臓がん。70歳でまだまだ球界に多大な影響力を及ぼし、理想の上司としても注目されていただけに野球ファンならずともショッキングな話だ。 2017年時点でも殿堂入りの時など仕事に支障はなく元気にふるまっていたはずだが、実の…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

2018年W杯組み合わせ抽選会間近!日本は死のグループに入ってほしい!

2018年サッカーW杯ロシア大会まで約7か月。そしてその組み合わせ抽選会が12月2日(日本時間で)に行われる。そこで私から言いたいことがある。 日本は過酷な死のグループに入ってほしい! なぜこんなことを述べたか。それは今まで、特に東日本大震災の前後くらいの時代から、日本はスポーツの国際大会では組み合わせが楽になることが多かったか…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ポドルスキ6億円で獲得もヴィッセル神戸は崩壊寸前!スポーツはカネじゃないってことだよ!

今夏Jリーグに世界的スターFWルーカス ポドルスキが神戸に入団し、デビューから6試合を経過。クラブ、特に楽天の三木谷浩史オーナーとしては春からの入団を希望していたが、前所属クラブとの兼ね合いで夏からの契約となった。だがここにきて神戸は苦しい試合が続くようになり、ポドルスキもサポーターの期待していたほどにはうまくいかず、不協和音すら囁かれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ここ2年の錦織圭の苦戦の原因は観月あこではない!全米OP直前に見苦しい偏向報道はやめようぜ!!

ちょっと前からテニスの錦織圭の周辺が騒がしくなっている。錦織圭は昨年夏のリオ五輪で銅メダルを獲得したものの、その後は四大大会をはじめ、ぱっとした成績を残せていない。それについて、最近の恋人にあたるモデル観月あこがやたらと戦犯扱いされているのだ。 観月あこは2015年から錦織圭と交際するようになり、事あるごとにお惚気写真を撮られ、今…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

清宮幸太郎最後の夏!だが贔屓や政治的利用はやめてほしい!まずは西東京の対戦相手の奮闘に期待!

2017年夏、それは清宮幸太郎にとっての高校最後の夏となる。そして国民の多くは清宮幸太郎擁する早稲田実業高校の甲子園進出、願わくば優勝を願っているのだろう。 だが私はあえて言わせてもらおう。 「清宮幸太郎の最後の夏だからといって、西東京の対戦相手は変に手心を加えるようなマネをせず、全力で倒しに行ってほしい!」 それこそ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

浅田真央への国民栄誉賞は不要!自民党は人気取りのための小細工をやめろ!!

案の定、浅田真央の引退で世界中が大騒ぎになっている。私は好感が持てないものの、それだけ浅田真央の引退は衝撃的だったということだろう。とりあえず浅田真央には「これまでお疲れさま」といっておこう。 ただ、ここでまた日本社会ならではの悪癖が出てしまっている。浅田真央に国民栄誉賞を与えるべきという声が出ているのだ。確かに日本のマスコミは事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浅田真央突然の引退にはビックリ!だが今まで現役生活お疲れさまでした!

昨夜、突然のことで驚いたが、あの女子フィギュアスケートの浅田真央が突然引退発表した。もともとは2014年ソチ五輪でメダルを逃し、その後「ハーフハーフ」なる迷言を残して1年強の休養期間に入り、復帰を果たしたが、それでも長期のブランクには勝てず、ついに観念したというところか・・・。 2006年には当時のトリノ五輪出場を期待されていたも…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

広島カープ25年ぶりリーグ優勝おめでとう!やはり下位チームによる下克上は面白い!

もう先日のことだが、2016年プロ野球のセ・リーグは広島カープが25年ぶりに優勝。楽天イーグルスが参入して現行の12球団になってからもっとも優勝から遠ざかっていたチームだけに日本社会全体にとっても非常にセンセーショナルな出来事だったといえよう。私もさすがに今年の広島カープは本当によく頑張ったと思う。にわかファンが跋扈するくらいだから、プ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

2016全米オープン目前!リオ五輪銅メダリスト錦織圭よ、もう12分トイレ作戦は見苦しいからやめろ!!

本来なら錦織圭銅メダル獲得直後に掲載したかったが、情報不足と多忙のため、そしてテニス界では神聖な大会といわれる四大大会の全米オープン開幕直前ということで、このタイミングにして述べることにした。 私は錦織圭に失望した! 理由は簡単。リオ五輪のあの銅メダル獲得は納得がいかない!トイレットブレークでの12分は長すぎだ!!3位決定戦でナ…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

またしてもメダルラッシュの悪夢!?温室育ちアスリートが勝っても感動なんてないぞ!!

日本がリオ五輪で早くも前回ロンドン五輪並みのメダルラッシュとなりつつある。水泳男子で萩野公介、柔道男子73キロ級で大野将平、体操男子団体が早くも金メダルを獲得、他にも2008年北京大会までならありえなかったほどのメダルラッシュとなりつつある。 だが私はあえて言わせてもらう。 「また震災ジャッジなどのえこひいきがあったのか!?」 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

最近日本のスポーツビジネスは見苦しすぎる!プロアスリートは勝利こそ最大のファンサービスだろう!

11月23日、ついに今年のJリーグのリーグ戦が全て終わった。J1はすでに昨日後期全日程が終わり、広島が後期優勝並びに年間勝ち点1位、昨年三冠王のG大阪は前節まで4位ながらも、山形に完勝、3位のFC東京が格下の鳥栖相手にまさかの0-0で、勝ち点は並び、得失点差で上回り、11月28日からのチャンピオンシップ(CS)は広島・浦和・G大阪の参戦…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

Jリーグはスター選手が分散、均一化だから面白い!それが理解できないアドバイザーは不要だ!

この夏、Jリーグにおいて、これまでサッカーとはほぼ無縁だった産業界の著名人たちとアドバイザー契約を結び、中でも堀江貴文氏や夏野剛氏がJリーグ本来の魅力を損ねるのではないかと思える発言をしている。 代表的というか、気になったのは、 「そもそもJリーグはチーム数が多すぎる。有力な選手が分散しすぎ。外国人枠を取っ払って、もっとたくさん…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日本の人気アスリートは何かと贔屓されすぎ!これでは一般国民は劣等感を感じるだけだ!

今に始まったことではないけど、つくづく日本ではちょっと名のある、人気のアスリートって何かとえこ贔屓されていると思う。最近の例を見ると、高校野球の清宮幸太郎(早稲田実業)が象徴的だ。素材としては素晴らしいとは思うが、今夏甲子園での彼へのえこ贔屓ぶりは、対戦相手はもとより、長年の高校野球ファンにも不信感や不快感を与えたのではないか? …
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

ついに終わった清宮幸太郎1年生の夏!だが報道は相変わらず異常!これ以上贔屓するのはやめろ!

今年の高校野球全国大会ではとにかく清宮幸太郎がスーパー1年生ということで大いに注目されていた。まさに今回の甲子園は清宮幸太郎のための大会と彩られていたといえよう。だが8月19日、その甲子園準決勝において、彼を擁する早稲田実業は仙台育英に0-7と破れ、ついに清宮幸太郎物語が終演した。 準決勝ではさすがに仙台育英という東北の名門が相手…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

今度の女子サッカーW杯でもなでしこジャパンはひいきされすぎ!これで連覇しても価値はない!!

先日より開催された女子サッカーW杯カナダ大会において、いよいよ日本、つまりなでしこジャパンが初陣を迎えようとしている。所属するグループリーグはCで、スイス・エクアドル・カメルーンが含まれている。初戦の相手はスイスだ。 ただ今回のなでしこジャパンのグループリーグ組み合わせは正直楽すぎる。スイスこそ欧州予選でそこそこ健闘し、5月27日…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

もう白鵬バッシングはやめようぜ!彼の強さと真摯さを尊重したらどうだい!?

先日、大相撲春場所で横綱白鵬が通算34度目の優勝を達成した。だが白鵬といえば、今年初場所でせっかく史上最多の33度目の優勝を達成したものの、13日目の稀勢の里戦において審判からの取り直し判定に対し、審判を批判したことで厳しい批判を浴びていた。そしてマスコミ報道も概ね厳しい論調となり、最近はメディアに対して無言を貫くようになったのだ。そう…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

いよいよ頂点に肉薄した錦織圭。今後必要なのは世界の長身選手に負けないくらいのパワーだ!

昨年夏以降、日本ではテニス人気が高まってきた。それは錦織圭の大活躍が大きい。昨年の全米オープンにおける準優勝がいい火付けになったといえよう。それまで日本でのテニスといえば、漫画「テニスの王子様」と、正月に放送される「とんねるずのスポーツ王は俺だ!」(テレビ朝日)でのとんねるずvs錦織圭・松岡修造のやりとりが注目されるくらいだった。だが昨…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

浅田真央はもう引退すべき!どんなに勝ち続けても7割以上ピンハネなんて割に合わないだろう!

最近になり、女子フィギュアスケートの浅田真央が復帰を匂わせる旨の報道がチラホラ見られるようになった。もともとソチ五輪で6位、続く世界選手権が終わった後に「ハーフハーフ」という言葉を残して休養期間に入った。そして1年以内をメドに引退か復帰かを決めるというのが定説となっていた。そうした中で、最近のフィギュアスケート関連のイベントの際に「スケ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

黒田博樹、メジャーでの厚遇を蹴って年俸5分の1でも古巣広島復帰!日本では初めてのカッコイイ話だね!

プロ野球でものすごい感動的な話があったなあ・・・。 米大リーグヤンキースでFAとなり去就が注目されていた黒田博樹投手が8年ぶりに古巣広島に復帰した。黒田はもともと大リーグでは5年連続2桁勝利(2014年は11勝9敗)と活躍中で、パドレスを筆頭に複数のチームが日本円にして約20億円の大型オファーを出していたくらいだ。来年2月で40歳にな…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more