W杯2か月前にハリルホジッチ監督解任~西野朗監督誕生!脱ハリルなら攻撃的サッカーを貫いてほしい!

まさかというか、ついにというべきなのか、ロシアW杯2か月前の時点で日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督が解任、西野朗技術委員長が後任となった。だがさすがにW杯本番の2か月前に監督交代というのは日本サッカー界では初めてであり、世界的にもレアケースといえよう。 ハリルホジッチ前監督といえば、就任当初から「デュエル」「縦に速く、とに…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

最近プロ野球で乱闘減少!技量や意識は向上したが人生を乗っけるほどの感動はなくなったね!

近年思ったことだが、プロ野球での乱闘がほとんど見られなくなった。いや、サッカーや他の競技でも審判の判定に対する見苦しい抗議はあっても、一触即発や目が血走るほどの熱いバトルはほぼ見られない。もちろんサッカーではラフプレー一つでレッドカードが出るくらいだから下手なマネはできないが、それにしても最近プロ野球をはじめ、日本スポーツ界は技術向上は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平昌五輪開催中でも北朝鮮報道なんて見苦しい!!あらためて憲法改正も消費税増税も反対だ!!

2018年も2月になり既に平昌五輪が開催されている。だがそんな中でも最近ずっと北朝鮮問題が連日報じられている。本当に見苦しい。 つまりこれは自民党安倍晋三政権による憲法改正・消費税増税に対する批判封じといえよう。 最近も私はTVなんて一部のアニメくらいしか見てないが、先日友人に会ったり、昨日もメールがきてて、そこで友人はTV…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

松坂大輔中日入団!だが全盛期とは程遠く、本当に戦力になるのか?それでも巨人だけは抑えてほしい!

あの「平成の怪物」松坂大輔が中日に入団することになった。松坂といえば最近では2014年冬ソフトバンクに3年12億円の大型契約で入団し期待されたものの、3シーズンでの一軍登板は2016年の1試合のみ。ホークスとしては大きな期待を寄せ、常時松坂の体調を細かくチェックし、気遣っていたが、鳴かず飛ばず。結局2018年から育成選手契約かコーチ契約…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小室哲哉の突然の引退はメディアの悪しき不倫報道によるもの!!もう文春砲はやめようよ!!

2018年も1月が半分以上経過したが、ここにきてまたショッキングなニュースがあった。 何と、音楽プロデューサーでレジェンドともいわれた小室哲哉氏が引退することになってしまったのだ。 小室哲哉といえばもう59歳で、いわゆる還暦が近いが、それでも常にエネルギッシュで国民たちをワクワクさせる音楽を提供してくれた。個人的にはTMNe…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

星野仙一まさかのすい臓がん死!だが野球界の歴史を変えたナイスガイでカッコよかったぜ!

2018年早々、衝撃的なニュースが迸った。何と、プロ野球きっての闘将星野仙一氏が1月4日に亡くなったのだ。死因はすい臓がん。70歳でまだまだ球界に多大な影響力を及ぼし、理想の上司としても注目されていただけに野球ファンならずともショッキングな話だ。 2017年時点でも殿堂入りの時など仕事に支障はなく元気にふるまっていたはずだが、実の…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

最近またプリキュアがつまらない。クレヨンしんちゃんとコラボしてほしい!

2017年も私にとっては納得のいかない最悪の1年で終わろうとしている。そうした中であらためて思ったことがある。 最近のプリキュア、つまり「キラキラプリキュアアラモード」はやはりつまらない。「魔法つかいプリキュア」が終わり、番組紹介の時点で期待してなかったが、本当につまらなく、色気もないのが残念だと思った。 今のプリキュアはス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年W杯組み合わせ抽選会間近!日本は死のグループに入ってほしい!

2018年サッカーW杯ロシア大会まで約7か月。そしてその組み合わせ抽選会が12月2日(日本時間で)に行われる。そこで私から言いたいことがある。 日本は過酷な死のグループに入ってほしい! なぜこんなことを述べたか。それは今まで、特に東日本大震災の前後くらいの時代から、日本はスポーツの国際大会では組み合わせが楽になることが多かったか…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

日本は事あるごとに差別や震災復興を逆手にとってエコひいきされることが多いが、それでいいのか!?

ここ数年、特に2011年の東日本大震災の時期からどうしてもモヤモヤとして感じることがある。それは、日本は事あるごとに差別や震災復興を逆手にとって、必要以上に優位になろう、エコひいきしてもらおうという風潮が見られることだ。 なぜ今ここでこんなことを述べることにしたか。それはスポーツの国際大会で日本が震災復興を理由に贔屓されることが多…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

分配金配分形式変更からほぼ1年。だからこそいわせてもらう。パフォームマネーは健全な形で使ってほしい!

Jリーグは2016年夏に英国動画配信大手のパフォームグループとの大型契約により、財務基盤が強化され、それに伴い各チームへの分配金、中でもJ1での上位入賞賞金が大幅にUPすることになった。そこからもう1年が経とうとしている。J1リーグは31節(鹿島と浦和はACLとの兼ね合いで32試合)まで消化。早くも鹿島が優勝に王手となった。 案の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

C大阪2017年ルヴァン杯優勝でついに初戴冠!!それに対して川崎Fは・・・

2017年11月4日、Jリーグルヴァン杯決勝のC大阪vs川崎が行われ、先ほどC大阪が2-0の勝利で優勝。これはJ発足後のC大阪にとって初めての主要タイトル獲得となった。これまでC大阪は特にカップ戦では何度か決勝まで進みながらいずれも涙をのんだが、今年はJ1リーグでの好調ぶりを維持してようやく悲願の初戴冠となった。しかも今大会は準決勝まで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

運不運はあってもやはりドラフト制度っていいよね!戦力格差拡大と競争力低下を防止するには不可欠だ!

最近はまた忙しくてなかなかブログを書いてなかったけど、先日のプロ野球ドラフト会議の結果を受けて思ったことがある。 やはりプロ野球のドラフト制度はいいよね! プロ野球のドラフト会議といえば、一時期逆指名制度だったこともあったが、近年はまたかつて多くのファンをドキドキさせたウェーバーでのクジ引き制度になっている。今回のドラフト会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大義なき解散から衆院選公示へ。国民たちよ、今こそ自民党の理不尽政治に終止符を打とうぜ!

ご存知の通り、自民党安倍晋三首相が解散宣言し、10月22日投開票となった。そして明日10日に公示となる。だが今回の解散はまさに大義なき解散だ。 そもそも安倍晋三首相がいきなり今のタイミングで解散宣言したのは以下の理由にすぎない。 「森友学園・加計学園の疑惑を隠し、風化させたい」 「野党再編どころか、民進党の崩壊ぶりが目立ち…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

浦和レッズは目先のACL優勝よりも来年以降へ向けての再建を優先するべきだ!

2017年Jリーグもいよいよ終盤戦になるが、鹿島と共に優勝争いが期待されていたはずの浦和が苦しみあえいでいる。ルヴァン杯はベスト8、天皇杯はベスト16で敗退し、J1リーグも27節終了時点で12勝5分10敗の勝ち点41、7位で、ぶっちぎり首位独走中の鹿島とは勝ち点20差。さらにはACL進出の条件である3位柏とは勝ち点12、天皇杯優勝チーム…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

広島カープ、平均年俸11位での連覇はすばらしい!金満化したJリーグも学ぶべきところがあるのでは?

広島カープが2017年もセ・リーグで優勝し、連覇を成し遂げた。最近のプロ野球では連覇となると資金力豊富な巨人とソフトバンク以外は無理と思われ、しかも広島は今年12チームの日本人選手の平均年俸は11番目と下から2番目なだけにこの連覇は非常に価値のあるものだ。 思えば今年の広島はレジェンド黒田博樹が引退し、さらに野村祐輔と左右のエース…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ポドルスキ6億円で獲得もヴィッセル神戸は崩壊寸前!スポーツはカネじゃないってことだよ!

今夏Jリーグに世界的スターFWルーカス ポドルスキが神戸に入団し、デビューから6試合を経過。クラブ、特に楽天の三木谷浩史オーナーとしては春からの入団を希望していたが、前所属クラブとの兼ね合いで夏からの契約となった。だがここにきて神戸は苦しい試合が続くようになり、ポドルスキもサポーターの期待していたほどにはうまくいかず、不協和音すら囁かれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ここ2年の錦織圭の苦戦の原因は観月あこではない!全米OP直前に見苦しい偏向報道はやめようぜ!!

ちょっと前からテニスの錦織圭の周辺が騒がしくなっている。錦織圭は昨年夏のリオ五輪で銅メダルを獲得したものの、その後は四大大会をはじめ、ぱっとした成績を残せていない。それについて、最近の恋人にあたるモデル観月あこがやたらと戦犯扱いされているのだ。 観月あこは2015年から錦織圭と交際するようになり、事あるごとにお惚気写真を撮られ、今…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

物価上昇率2%達成は先送り。むしろ今後は値下げで国民生活の負担を軽減させればいい!

先日、日銀は金融政策決定会合において、物価上昇率2%の目標達成時期を「2018年度頃」から「2019年頃」へ1年先送りすると発表。日銀の想定通りには企業の賃上げが進まず、さらには5月の消費者物価指数の上昇率が0.4%(生鮮食品を除く)にとどまっている。どうやら黒田東彦総裁にとっての任期満了である2018年4月までには物価上昇率2%の目標…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

清宮幸太郎最後の夏!だが贔屓や政治的利用はやめてほしい!まずは西東京の対戦相手の奮闘に期待!

2017年夏、それは清宮幸太郎にとっての高校最後の夏となる。そして国民の多くは清宮幸太郎擁する早稲田実業高校の甲子園進出、願わくば優勝を願っているのだろう。 だが私はあえて言わせてもらおう。 「清宮幸太郎の最後の夏だからといって、西東京の対戦相手は変に手心を加えるようなマネをせず、全力で倒しに行ってほしい!」 それこそ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

浅田真央への国民栄誉賞は不要!自民党は人気取りのための小細工をやめろ!!

案の定、浅田真央の引退で世界中が大騒ぎになっている。私は好感が持てないものの、それだけ浅田真央の引退は衝撃的だったということだろう。とりあえず浅田真央には「これまでお疲れさま」といっておこう。 ただ、ここでまた日本社会ならではの悪癖が出てしまっている。浅田真央に国民栄誉賞を与えるべきという声が出ているのだ。確かに日本のマスコミは事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浅田真央突然の引退にはビックリ!だが今まで現役生活お疲れさまでした!

昨夜、突然のことで驚いたが、あの女子フィギュアスケートの浅田真央が突然引退発表した。もともとは2014年ソチ五輪でメダルを逃し、その後「ハーフハーフ」なる迷言を残して1年強の休養期間に入り、復帰を果たしたが、それでも長期のブランクには勝てず、ついに観念したというところか・・・。 2006年には当時のトリノ五輪出場を期待されていたも…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

清宮幸太郎春のフィーバー早くも終戦!やはり高校卒業後は大学進学した方がいいのでは・・・

2017年春の甲子園もやはり早稲田実業スラッガー清宮幸太郎が中心だったが、2回戦で早くも終戦。それによって今大会における清宮幸太郎贔屓による不公平レースが終わり、勝ち残った球児たちも余計な神経を使わず、全力で戦えるというものだ。 それにしても明徳義塾との1回戦は清宮自身は会心の打撃こそなかったものの、最終回にうまいこと四球で出塁~…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スカパーより安くとも、DAZNは課題が多い!今からでも改善を求む!

今年からJリーグの中継はDAZNで放送されることになった。私も2月に入ってから加入した。だが噂通り課題が多いと思った。 ①操作性(ユーザーインターフェース)が悪い  まずは早送り・巻き戻し(シーク)がやりにくい。サッカーが本気で好きなサポーターだと、例えば贔屓チームのゴールシーンや微妙な判定、あるいは戦術的に巧いと思ったところな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランプ大統領お見事!よくぞ日本の悪質円安誘導を批判してくれた!もうアベノミクスは不要だ!

2017年もついに2月に入ったが、日本の同盟国アメリカのトランプ大統領が衝撃的なコメントを残してくれた。 1月31日の米製薬大手幹部との会合で「他国は通貨供給量や通貨安などで米国を出し抜いている。我々は通貨安について無知だから悪いことになっている」と痛烈に日本や中国を批判したのだ。アメリカの定義としては、貿易相手国が(1)巨額の対…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

魔法つかいプリキュアが終わるのは寂しい。でも最後まで朝日奈みらいは色っぽく、モフルンはうらやましい!

ついに次回(1/29)で「魔法つかいプリキュア」が終わってしまう。今回は前回から引き続きの、終わりなき混沌・デウスマストとの戦いで苦しんだものの、何とかお約束で倒すことができた。これはこれで当たり前とはいえるが、それにしても久々に色気はもとよりストーリーもまっとうだった「魔法つかいプリキュア」が次回で終わるというのは寂しい。 今回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

分配金上位偏重で今後Jリーグはつまらなくなってしまう。そこで村井満チェアマンに言いたいこと・・・

Jリーグについて、最近どうしても納得いかないことがある。 もうご存知だろうけど、昨年夏にJリーグは英国動画配信大手パフォームグループとの大型契約により、財務基盤が強化され、それに伴い各チームへの分配金、何よりもJ1での上位入賞賞金が大幅にUPすることになった。だが私はその分配金など上位偏重の姿勢にかねてから不満を感じるようになった…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

新成人たちよ、暴れるよりも他にやることがあるんじゃないか?

今年も各地で成人式が行われているが、これまで同様にいくつかの地域でトラブルが起きたようだ。近年は一時期よりもTVで取り上げられる割合が減った、あるいは本当に自重したかと思われたが、結局どこかで必ずこういうことが起きるのは定番みたいだ。 もちろん新成人たちにも思うところはあるのだろう。 「これから大人になるからバカはやれない。だか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本人はなぜ一人勝ちや格差を好むのだ!?本当は平等の方がいいと思っているんじゃないのか!?

2017年に入り早くも5日目だが、気分一新の意味も込めてまた書かせてもらおう。 どうも日本人、というか日本社会は平等よりも格差、団栗の背比べや混戦より一人勝ちを好んでいるように見える。かつてはプロ野球のリーグ戦で3チーム以上が混戦状態になると盛り上がる傾向があったが、最近ではサッカーJリーグまで含めて混戦を好まず、どこかの金満チー…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2016年は最悪の年だった!2017年はとにかくいい年にしたい!!

2016年もついに今日で終わり。だが、2016年は私にとってはとにかく最悪で納得いかなかった!!2017年はぜひいい年にしたいが、年内最後なので、気持ちを切り替えるためにちょっとボヤかせてもらおう。 まず納得いかなかったのはリオ五輪でのメダルラッシュ。4年前のロンドン五輪でもいえたことだが、とにかく日本はやたら不自然ともいえるメダ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

サッカーW杯出場枠48カ国への拡大は質・価値の低下を招く!!もう商業主義はやめろ!!

今年になってからたびたび報じられていることだが、どうしても納得いかないことがある。 サッカーワールドカップの出場枠を48カ国まで拡張するなんておかしい!! このW杯出場枠拡張の提案は今年からFIFA会長を務めることになったジャンニ・インファンティーノ氏によるものだ。インファンティーノ会長はこの拡張案を2026年大会から導入し…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more