巨人愛の長野久義、人的補償で広島に電撃移籍!!まさに男気だ!!後はバットで結果を出そうぜ!!

今日は夕方になっていきなりビックリ!
ネットをチラっと見ていたのだが、何と、プロ野球巨人の長野久義がFAで広島から獲得した丸佳浩の人的補償として広島に移籍。プロ野球におけるFAで選手獲得したチームはその選手の前所属チームに金銭か人的補償での選手を与えることが決まっているが、それにしても長野久義といえば掛け値なしの巨人の外野レギュラー、しかも過去にはドラフトで2度もパ・リーグチームの1位指名を蹴ったほどの巨人愛の塊だったはず。近年打撃成績は緩やかに低迷しつつあったが、それでも一生巨人の選手として現役を貫き通すと思われただけに本当にビックリだ。

だが私はこれでよかったと思う。巨人は今オフ、既に西武から炭谷銀仁朗捕手をFAで獲得、それに対する人的補償として、やはり巨人愛の塊だった左腕内海哲也が西武に移籍。巨人はまさかの即戦力を2人もFA獲得の代償として手放すことになったが、プロ野球はもう巨人中心・巨人一強であってはならないのだから、このくらいの均衡策はあっていい。

この人的補償移籍での2人の流出について、巨人以外のチームを応援するファンですら疑問や不満があるようだが、元々のルールとして成り立ち、その中で巨人はどういう思惑かはともかく今回の2人をプロテクトしなかったのが問題ではないのか。むしろ今までプロ野球ではすべて巨人優先の意向が強すぎたから、ちょっと前まではサッカーJリーグに人気で負けていたのだ。考えようによっては、巨人王国といえども、選手に対する優しさや思いやりがなく、選手を車の部品と同じ感覚でしか見てないという証拠。巨人在籍晩年時の清原和博に対する冷たい扱いが典型的。内海も長野も異常なほどの巨人愛を持っていたのに、それでも捨てられたと考えるべきだろう。むしろ内海は西武でかつての工藤公康のような安定した左腕として活躍を願うべきだし、長野にしても、広島でクリーンナップを期待したいところだろう。特に長野は本意ではなく、ルール上やむを得ない部分も含めての移籍だけに、間接的に自分を追い出した丸及び巨人には負けてほしくない。巨人戦ではバカスカ打ちまくってほしいね。そしてセ・リーグ4連覇できたらまさに真の男と称賛したい。

一方で丸佳浩は本当に男を下げたよな。元々FA宣言した時点では条件面では巨人が圧勝だが、本人は形だけでもカネが全てではないことを強調。だがいきなりあっさりした形で巨人移籍を決めたのだから女々しいほどの自己保身がミエミエだ。しかも丸のFA移籍のせいで巨人愛の塊だった掛け値なしの長野を放出する羽目になった。いくらアンチ巨人の私でも今回の丸は史上最低のFA移籍だと思うし、長野がかわいそうとすら思う。

ただ長野は本当に男らしいと思った。人的補償のルールがある中、まさかのプロテクト外とされて安住の地巨人を去ることになったが、何一つ恨み言を言わずスッキリ広島に移籍したのはさわやかでカッコいい。かつて私は長野を宴会部長と称したことがあったが、まさに後ろめたさのない、潔い移籍だといえる。広島は丸を強奪されたうえ、金本知憲に次ぐ「男気」新井貴浩が現役引退、さらにブラッド・エルドレッドも来日7年目の昨年限りで退団。合計70~80本の本塁打がなくなり、投手の補強もままならない、満身創痍の広島によくぞ飛び込んでくれたという意味で男気が感じられ、好感が持てる。最近はJリーグの方が暴力的ともいえる弱肉強食を生みつつある分配金傾斜配分、金満チーム優位が予想される外国人枠拡大でスポーツ本来の醍醐味である「均衡・下剋上」が排除されてつまらなくなってきたが、今回の長野の移籍は本当に価値あるものだ。もし長野が巨人戦で荒稼ぎして広島のセ・リーグ4連覇が達成されれば、まさに「人的補償バンザイ、Jリーグは間違っている!」ということが証明される。せっかくルール上のこととはいえ、男気移籍したのだからぜひともバットで結果を出してほしい!

頑張れ長野久義、そして西武移籍の内海哲也!現役最後は巨人以外のチームで輝け!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック