広島カープ独走V3で何が悪い!?むしろ巨人中心・拝金主義の歴史を断ち切る絶好の機会じゃないか!!

最近、東スポとはいえ、このようなとんでもない記事があり、気になって拝見させてもらった。

大下氏がセ5球団に苦言「広島の独走許すならプロ野球の衰退につながる

言葉の主は何と・・・広島の名物OB・鬼軍曹として有名な大下剛史氏だ。
コーチ時代はとにかく厳しすぎで有名、解説者としても妥協や忖度とは無縁の厳しいコメントが目立つナイスガイなのだが、さすがにこれは言い過ぎではないのか。

今年のプロ野球ペナントレースは前半戦を終了。パ・リーグは首位西武から5位ロッテまでが6.5ゲーム差、しかも3位から5位は貯金2で同率。一方セ・リーグは3連覇を狙うべく首位の広島は貯金11だが2位以下は全て借金と、半ば一人旅の様相。とはいえ2位の巨人とは6ゲーム差であり、1996年に11ゲーム差をひっくり返されるメークドラマに泣かされた悪夢は、野球ファン、特に広島球団関係者にとっては永遠に忘れられないはず。

実は今年のカープは2連覇した昨年までほどは強くない、というより他チームから研究されているのが実情だろう。それでも貯金は一人旅で2位巨人とも6ゲーム差をつけているのは、2位以下が情けないということらしい。大下氏としては古巣の充実ぶりは嬉しいだろうが、それ以上にセ・リーグの他チームが物足りなく思えるのだろう。そして大下氏は何より野球への真摯な姿勢と練習量に対して非常にこだわりを持ち続けている。だからこその嘆きか・・・。

ただ、セ・リーグはもともと巨人が中心であり、9連覇もしていた。それでも当時他チームのファンは減ったとしても、野球人気そのものが低下したとは思えない。また、巨人がV9時の力を失ってからは、広島が古葉竹識監督の下で黄金時代と呼べるほどチームを鍛え上げ、やっとセ・リーグも群雄割拠に近い均衡ぶりが見られた。

一方でパ・リーグは西武ライオンズが80年代から一強と呼ばれるほど勝ち続けた。広岡達朗監督時代は、彼の厳しく、ニヒルな言動が注目されたり、森祇晶監督時代は、清原和博が常時4番でグラウンド内外問わず脚光を浴びたが、1990年からパ・リーグ5連覇するようになると、「勝ちすぎてつまらない」と批判の声も見られた。私個人としては、当時の西武はやるべきことをどこよりも真摯に取り組んだ結果であり、巨人中心の時代が終わってほしかったから支持していたが、それでも当時の日本社会では、同一チームがずっと勝ち続けることはヨシとされてなかったようだ。

だが広島は巨人や西武みたいな金持ちチームではない。なおセ・リーグでは巨人以外のチームによる3連覇は未だにない。ならば画期的な記録にひた走る広島に新時代を築いてほしいというのが人間としての情であり、金持ちとは程遠いチームが勝つことで、巨人中心の風潮を終わらせるだけでなく、「拝金主義反対!」を訴えるための最適なきっかけになるはず。

折しも最近サッカーJリーグでは、「カネが全て」という考え方に染まってしまっている。神戸はスペイン代表の名手アンドレス・イニエスタを、最近になって鳥栖がフェルナンド・トーレスを獲得したが、私はこうした大物外国人獲得は必ずしも喜べない。それは過去のゲーリー・リネカーやディエゴ・フォルランなどが同じ大物でカリスマがありながら、所属チームが一敗地に塗れた例が多いからだ。さらに、村井満チェアマンですら、早ければ来年から外国人枠緩和、願わくば撤廃を望んでいるが、これは明らかに神戸の外国人枠問題に配慮しているのがミエミエ。神戸はここにきて外国人2人が移籍したが、それでもイニエスタ獲得の前後から明らかに神戸、もっといえば金満な楽天グループに忖度しているといえる。こんなやり方がまかり通れば、鹿島や川崎、浦和や神戸のような一部の金持ちチームだけしか優勝を狙えず、下位チームや地方クラブはどんどん分が悪くなり、当該クラブサポーター達のサッカー離れの懸念もありうる。もともとサッカーJリーグは「均衡・下剋上」「地域密着」が魅力であり、リーグ発足当初は川淵三郎チェアマン(当時)が同時代のプロ野球の金満体質・巨人中心主義を反面教師にして、人気を博した歴史があるのだから、今こそ原点に返るべきじゃないだろうか。

とにかく最近はサッカーもさることながら、どうも「スポーツはカネが全て」になってしまっており、非常に不満を感じる。それでも野球界では、先述した元広島名物コーチだった大下氏のように、「カネや理屈ではなく、全てを野球だけに捧げる」くらいの覚悟で野球に取り組むという考えがまだ支持されていたし、カネのないチームが躍進すると、にわかファンになってでも応援するという文化があった。最近はJリーグにおいて、DAZNマネーは上位チーム、すなわちACL参戦チーム強化とACLでの審判買収で使えばいいというサッカーファンもいるようで残念だが、逆にカネのないチームが勝つと面白いという声もまだ見られるはず。そういう半官びいきという人間本来の感性を取り戻すためにも、ぜひ今年のプロ野球では広島に3連覇してほしい。そして巨人中心・拝金主義という負の歴史を断ち切ってほしい。資金力不足のチームが独走V3、上等じゃないか!!間違っても、「広島3連覇だとプロ野球界が衰退する」などと他チームを変に挑発するようなふざけたコメントは控えてほしい。もう巨人の「メークドラマ・パート2」なんて見たくないから。
願わくばJリーグも鹿島や浦和、神戸みたいな金持ちチームには幕を引いてもらって、堅実に運営している「身の丈経営」タイプか地方の小規模チームが新しい歴史を作ってほしいな・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック