日本ベスト8進出ならず!!だがベルギー相手の熱く攻撃的な戦いは認めようじゃないか!!

日本はベルギーとのベスト16の戦いで2-3と敗戦。だが思った以上の熱戦、何よりも攻撃的な戦いは見られたし、さすがにこの日だけは驚愕せざるを得ないほどの戦いだと思った。それだけに本田圭佑や香川真司に花道を飾ってほしくないと思っていた私も今回だけは文句は言えないと思った。同時に今大会のベルギーの本気度を思い知らされた。

このベルギー戦は前半はベルギーの方が押し気味の展開が多かった。だが今大会堅守崩壊の一因とみられていたGK川島永嗣が汚名返上といわんばかりのセーブを見せるなど、体を張った守備で0-0の折り返し。

後半になると3分にいきなり原口元気が柴崎岳からのスルーパスに反応、角度のない右からのシュートを豪快に決めて先制。その直後にはベルギーのシュートが日本のゴールポストを叩くシーンがあったが、後半7分には香川真司が盟友乾貴士にパス、豪快なミドルシュートがゴール右隅を射抜き2-0と突き放した。

ただ後半24分、ベルギーが「高さ」という日本にとって分が悪い特徴を生かして反撃。混戦から左のゴールライン際に構えていたDFヤン ベルトンゲンがとりあえず頭に当てただけのヘディングが微妙に風に乗ったかの如くGK川島の頭上を越えてゴール。1点差に迫ったが、この神風ヘッドが日本完勝ムードを打ち消すことに。後半29分には途中出場したばかりのマルアヌ フェライニが高さを生かしたヘッドで強引にねじ込みあっさり同点!

その後は比較的オープンスペースになったのか、一進一退の攻め合いで会場の雰囲気はヒートアップ。特に「有終の美を飾りたい」本田圭佑が投入されると、豪快なFKなど持ち味を見せつけ、審判の贔屓判定で本田の決勝弾が見られそうなムードも感じられた。一方ベルギーもパワフルかつシンプルな攻めでなりふり構わず決勝点を目指した。後半40分過ぎには2本連続の決定的なヘディングを川島が好セーブ。ハイテンションなぶつかり合いが続き、延長戦突入がチラついた中、明暗を分けるシーンが・・・。

後半ロスタイム4分には日本が左CKを得て本田が蹴り込むがベルギーGKティボー クルトワが精一杯のジャンプでキャッチ。すると素早くケビン デブライネにつなぎ、「このワンプレーに懸ける!」といわんばかりのラストカウンター。デブライネのロングランからトーマス ムニエがクロスを送り、エースのロメル ルカクが巧みにスルー、途中交代のナセル シャドリが決勝ゴール!!このカウンターの所要時間はたった9.35秒!!
ベルギーは後半いきなり日本に2点のビハインドを背負わされながら、シンプルな攻めを主体に劇的な勝利を収めた!

それにしても最後のベルギーのカウンターはまさに「芸術」「電光石火」「疾風迅雷」といえよう。後半終了間際のGKのキャッチからのカウンターアタックは、9.35秒で日本ゴールを陥れ完結。まさに「9.35秒のドラマ」といえよう。何より海外サッカーファンやハリルホジッチ氏支持者であれば、「まさにハリル流!!」と興奮したのではないか。

そう、まさにベルギーの最後の高速カウンターは日本が今大会に向けて本来目指すべく「ハリル流」の極みだったのだ!日本は前回2014年W杯では不動のエースだった本田圭佑中心のパスサッカーが時代のトレンドに対して通用せず惨敗。特に当時本田が長身選手を露骨に排除するくらい固執してきた「俺達のサッカー」は世界から否定されたのだ。そしてハビエル・アギーレ監督は半年で去ることになったものの、後任のヴァヒド・ハリルホジッチ監督は新たな基軸として「縦に速い攻撃」「デュエルで勝つこと」を標榜。

だが月日を追うごとに本田や香川などは「体質的に合わない」と嘆き、ハリルホジッチ氏も厳しく箝口令を敷くことになるほど精神的余裕を失った。そして今年4月に例の不当な解任となった。だが今大会の結末となったあのカウンターアタックは、穿った見方をするなら「ハリルの怨念に泣かされた」ということではなかろうか。かねてからの商業主義もさることながら、今回のこの点を含めて日本サッカー協会には猛省を促したい。

ハリル流は道半ばで断たれたものの、本番2か月前から指揮を執った西野朗監督はあらためてすごいと思った。当初はハリル追放にも関わらず、セコセコ堅守速攻で戦う可能性もあったが、6月12日のパラグアイとのテストマッチでそれまでとメンバーを変更して攻撃的サッカーにトライすると4-2の勝利。その後大会開幕してからは香川真司を中心としたアグレッシブなサッカーを見せた。コロンビア戦での前半3分でのコロンビアMFカルロス・サンチェスへのレッドカードは納得いかなかったが、戦い方としては西野監督本来の攻撃的サッカーは見られた。チームの雰囲気も短期間で好転していた。何よりベルギー戦では審判がセネガル人でさすがに日本不利の判定も囁かれたが、概ね真っ当なジャッジで試合のリズムは壊れず、時間を追うごとにハイテンションな展開となり、かつてのG大阪vsマンチェスターユナイテッドのような好ゲームを見せてくれた。それだけにポーランド戦終盤での女々しい戦いぶりは残念だが、最後に「熱く、攻撃的な戦い」を見せてくれたことには敬意を表することにした。
西野監督、本当にお疲れさまでした!

これほどのドラマチックな展開、そして教科書に載せたくなるベルギーの決勝点となった最高のカウンターアタックを考えると、この「ベルギーvs日本」は今大会最高のゲームといえるかもしれないな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 16

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス

この記事へのコメント

真実
2018年07月11日 05:14
おや?こういう記事には誰もコメントしなものだなあ。

コロンビア戦のあのレッドカードは俺も厳しいなあとは思ったが、意図的ハンドは一発レッドが相場らしい。
ポーランド戦もうーんとは思ったが、サッカーとしての戦い方と短期決戦大会での戦い方とでは答えが違うのだろう。確かにあの時の日本代表は綺麗ではなかったが、文句があるのならルールを変更するしかない。そこはセネガルサッカー協会も具体的な行動に出ている。

結局西野監督はハリル流を否定せず、そこに我流のスパイスを入れたことでチームをうまくまとめたようだ。日本代表の戦い方も、肝心なところでは縦に速く、一対一も恐れなかった。
ただ不安なのは、今回の盛り上がりを受けて日本サッカー協会(というか田嶋会長)が猛省どころかかえって調子に乗り、選手選考や監督選考がグダグダにならないか、である。

今回のワールドカップを見ると、黄金期スペイン流のポゼッションサッカーも研究され尽くされてるなあ、と感じる。堅守速攻のカウンターやセットプレーで堅守を上からこじ開けるチームが勝ち上がっている。
Kento
2018年07月11日 20:21
さすがに五輪やワールドカップでは日本が終戦するとブログのアクセス数やコメント数は少なくなるみたいですね。それだけニワカのファンや手のひら返しが多いというのか。
ただ西野監督は就任から短期間でよくやったといえるでしょう。ポーランド戦の終盤の戦い方は腰抜けだと思いましたが、ベルギー戦は堂々と攻めに向かい、最後に逆転負けしたとはいえ、一定の感動は与えたものだと思います。
ただ今回はベテラン主体すぎて、今後代表の若手が経験を積み、これまでの選手と同等の働きができるかは不安です。日本サッカー協会はその点では反省すべきかと。

この記事へのトラックバック