正義を求める男のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 北朝鮮非核化のために日本が巨額資金捻出なんておかしい!まさに自民党安倍晋三政権によるツケだ!!

<<   作成日時 : 2018/06/14 12:08   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 4

6月12日にシンガポールで行われた米朝首脳会談では北朝鮮の非核化など4つの項目で合意し、表面的には無難に終えた格好だが、そこで日本にとって納得いかないものがあった。

なぜ北朝鮮の非核化のために日本が巨額の費用を支払わなければならないのだ!?

その前に今回の米朝首脳会談において4項目の合意とは以下の通り。

●米朝関係正常化の推進
●朝鮮半島における平和体制保障
●北朝鮮の完全な非核化
●朝鮮戦争戦死者の遺骨送還

だが問題は「完全な非核化」のところだ。アメリカがずっと要求してきたはずの「完全で検証可能かつ不可逆的な非核化」(CVID)という表現は明記されていなかった。
それどころか米トランプ大統領は、
「(非核化への費用は)韓国と日本が支援するだろう。彼らは支援しなければならないと分かっている。アメリカが支援する必要はない。」とのコメント。
なお費用としては、各種研究機関の分析によると、完全な非核化には10年間はかかると予想され、10年間で2兆ドル(1ドル110円とすれば約220兆円)かかるとみられる。トランプ大統領としては現在の任期が2021年2月なので、それまでに何とかしたいからこそ日本・韓国に出費させようという意図だろうが、こんなのは無理な話だ。

だからこそ日本がこんなことで莫大な費用を支払うのはおかしい!
そもそも北朝鮮は非核化なんて本当は不本意で、それでも経済制裁を解除してほしいから駆け引きしただけに過ぎないのが明らか。トランプ大統領もこの件は一筋縄ではいかないが、それでも世界一の大国というメンツや誇りがあるからこそ、形だけでも何とかして威厳を示したいという思惑がミエミエ。それなのに今回のように日本が財布扱いされるのは筋が通ってない。元々拉致問題も含めれば日本が被害者側なのにまるで日本なんて知ったことじゃないという扱いにされている。

そもそも東日本大震災の前後の時期から日米関係はぐっと強化されたはずだ。2010年6月に鳩山由紀夫・小沢一郎の体制が崩壊したことで当時のオバマ大統領率いるアメリカは翌年の東日本大震災の時など、事あるごとに日本に歩み寄ってきた。現在は強面のトランプ氏が大統領だが、彼は最近中国を警戒しているのだろう。それなら中国のライバルとみられる日本に今回のように負担を強いるのはおかしい。世界一の大国ゆえに他国でも色々支援してきたようだが、だからこそ今回も日米関係ゆえにアメリカが北朝鮮非核化のために積極的に尽力すればいいはずじゃないのか・・・。

それでも現実的には今回のようなナメた扱いを受けてしまっている。こうなるとまさしく自民党安倍晋三政権のせいだ!!事あるごとに安倍晋三首相はアメリカに過剰に迎合、その一環として異常なまでの円安株高のための為替操作、消費税増税の強行、大企業・富裕層優遇(庶民・貧民がツケを払う仕組み)ばかり進めてきた。

そこまで自国の一般国民を犠牲にしながらアメリカのために尽くし、北朝鮮問題では自身の成果を必死にアピールするものの、実は拉致問題でもさしたる援護射撃もしてもらえず、非核化で理不尽な巨額費用支払いを要求され、それに「No!」と言えないなら、まさに日本の歴史上最低の首相だ!
それでいて国民の多くは、
「中国・韓国にナメられなければいい」
「民主党や共産党よりはマシ」
「円高デフレ脱却できればいい」
などと未だに自民党を支持、あるいは野党を批判し続けてばかり。
そんな国民達もこれでわかったはずだ!

自民党は最初から恵まれた環境に生まれてきた幸運すぎる一部のエリートとアメリカばかり優遇して、国民生活なんて知ったこっちゃなかったという魂胆でしかなかったのだ!
こんな最低の首相が掲げる消費税10%への増税や憲法改正、さらなる円安・値上げなんて同意する筋合いはないのだ!!もはや森友学園・加計学園問題で叩くどころの話じゃない!安倍政権のせいで日本はさらなる借金を積み重ねることになってしまうのだ!!

こんなことならやはり鳩山由紀夫・小沢一郎の体制がもっと長く続けばよかった!
小沢一郎はアメリカと折り合いが悪く、アメリカに妥協しない姿勢を維持していたが、それとて本気で「国民生活を守る」ためだったのだ!
もちろんアメリカとの関係が冷え込めば中国や韓国にナメられる可能性はあるが、鳩山・小沢両氏はこの2か国とは仲が良かったのだ。むしろ小沢氏が前面に出ていれば、中国・韓国、あわよくばロシアを抱き込んで、静かに、それでいて着実に北朝鮮包囲網を仕掛けることだってできたかもしれない。それなら北朝鮮非核化のために日本が莫大な資金を捻出して借金を不要に増やすこともなかったはず。小沢氏は単に「消費税増税反対!」「天下り根絶!」「何でもアメリカに妥協する必要はない!」と叫んでいたわけではなかったのだ。

鳩山・小沢体制の悲しき崩壊からもう8年強経過したが、賢い、心ある人間ならきっとそれよりもう少し前の鳩山首相の支持率が高かった時代に戻ってほしいと思うようになっただろうな。やはりあの2010年6月に鳩山・小沢体制を強引に終わらせたのが日本社会の悪夢へのターニングポイントだったと思う。そして今回の北朝鮮非核化のための資金捻出要求は自民党安倍政権によるツケだ。もっといえば鳩山・小沢追放によるツケともいえる。

これでも国民の多くはまだ自民党支持、同時に野党批判を続けるのかな・・・?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 22
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
さすがに今回の米朝会談での北朝鮮非核化のための日本の資金援助要請は納得いかない。でも安倍首相はどうせ前向きに承諾するんだろうな。国の借金を減らすために消費税増税したいなんていうのもまさにこういうのが理由なのか。ならば安倍首相はまさしく史上最低の首相だな。いずれにしてもさらなる消費税増税には反対だし、北朝鮮非核化の資金援助したいにせよ日本の国民に迷惑がかかったり、ツケを回さないようにしてもらわないとね。ただ安倍首相にはさっさと辞任してほしい。
ぽか
2018/06/15 08:30
結局今回の米朝首脳会談は北朝鮮がまだ妥協してないのが実態なのでは?北朝鮮の非核化について日本が費用負担とはふざけているし筋が通ってないでしょう。それでも安倍首相がトランプ大統領のいう通りに北朝鮮に費用を払うなら本当に安倍首相は最低だと思います。
国内では一握りのエリートや富裕層に優しく、その他大勢の国民に冷たい。そのような政策ばかり進めながら、アメリカの言うことなら例え理不尽でもハイハイ聞くとなるともはや日本にいる資格はないでしょう。むしろ現在の野党に政権を譲るべきです。
とにかくもう自民党は100%信用できません。次に選挙がある時に向けて現在の野党を応援あるのみ。
にわか文化人
2018/06/15 18:42

自動車に乗っかる程度のコンパクトなロケットミサイルをば
ICBM大陸かん弾道弾完成と豪語の北朝鮮

8月はJアラート起動に
不具合はスマホユーザーが悪い(北朝鮮傀儡)政府の見解でした。
11月は日本の衛星撃墜の実戦宇宙原爆?

赤旗こうにち戦線は勝利につき賠償金寄越せの論でしょう?

アメリカ偵察衛星のいくつかも潰れジョンズホプキンス大の北朝鮮偵察は詳細不能につき韓国もお手上げ?
直接きいた方が確実になっての南北融和?

別の衛星派遣で一応観察は続いてるみたいだが

鋭角平頭弾ならざる尖んがったミサイルは
首都圏関東平野くらいの大都市狙いの政略?

アメリカ大陸にめくらうちでは戦略兵器に為らないのが米朝怪談成果のようで

威嚇恐喝‥

中国が北朝鮮経済制裁に動いたのは
原子力ロケット被害が広範な電子機器に及び今後の経済発展阻害が確かだから?

巳蛙
2018/06/17 01:29
もしトランプ大統領がこの記事を読んだとき、どういう反応をするか想像してみた。
「もともと拉致被害問題もミサイル問題も日朝間の問題だ、アメリカの知ったこっちゃない」
トランプ大統領にとって米中間の経済戦争はあくまで米中間の問題であり、もし北朝鮮がアメリカ本土にミサイルを打ち込んだら恐らく本気で報復するだろうが、「日本の問題は日本で片付けろ」というのがトランプスタイルらしい。
オバマ氏とトランプ大統領は違う人間であり、アメリカも路線変更したことを認識すべきである。というかアメリカの歴史を顧みれば世界のリーダーとして色々な国を支援してきた時代が特殊だったのであり、トランプ大統領になって本来の一国主義に回帰しただけのように見える。恐らく日本の首相が誰であってもトランプが大統領という時点で同じことは起きただろう(安倍であれ鳩山であれ)。
それでもアメリカに尻尾を振るのか外交路線を切り替えるのか、お手並み拝見。

自民党は積極的に支持する気はないが、野党は「安倍政権を終わらせた後のビジョン」を作らない限り支持されないだろう。「打倒安倍政権」だけを目的に足を引っ張るばかりで自分たちのことしか考えていない感があるあたり同レベル。
真実
2018/06/17 18:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
北朝鮮非核化のために日本が巨額資金捻出なんておかしい!まさに自民党安倍晋三政権によるツケだ!! 正義を求める男のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる