ついに終わった清宮幸太郎1年生の夏!だが報道は相変わらず異常!これ以上贔屓するのはやめろ!

今年の高校野球全国大会ではとにかく清宮幸太郎がスーパー1年生ということで大いに注目されていた。まさに今回の甲子園は清宮幸太郎のための大会と彩られていたといえよう。だが8月19日、その甲子園準決勝において、彼を擁する早稲田実業は仙台育英に0-7と破れ、ついに清宮幸太郎物語が終演した。

準決勝ではさすがに仙台育英という東北の名門が相手だっただけにさすがの清宮、早実もこれまでのような楽な戦いはできなかった。内野安打1本だけに終わったが、それでも大会を通じては全試合安打、通算でも19打数9安打・2本塁打・8打点と立派な成績を残した。そしてこの日彼を3打数1安打に抑えた仙台育英の投手佐藤世那(3年)も最速146キロの速球や虚を突くような牽制球などレベルの高さを見せ、準決勝ならではの面白さを演出したのではないか。

ただ今大会は総じて清宮幸太郎への配慮、というより贔屓ぶりが異常だった。本人は報道の重圧には特に抵抗感はないようだが、それでも高校野球連盟の指示で、取材攻勢が過剰すぎて負担がかからないように清宮1人だけ時間ギリギリまで公の場に出なくていいようにしたり、宿舎も他校よりも恵まれた大型ホテルに変更。また、早実の試合はいずれも第1試合になったが、これは集客面や警備面など都合が良く、チームとしても対戦相手よりコンディショニングで優位になることが多かった。さらに阪神電鉄が一時的に早朝の電車の本数を増発したくらいだ。また今後の予定においては、第27回U18(18歳以下)ワールドカップ(28日~9月6日、甲子園ほか)に出場する日本代表に選出されたこともあり、早実については、来春選抜出場がかかる秋季東京大会の日程を従来の開幕日9月5日から12日以降に変更することになった。代表選出を理由にした日程変更は初めてのことらしい。

だがここまでして清宮幸太郎を贔屓しすぎて何になるのか?本人は現時点ではどこ吹く風という感じで飄々としているみたいなのが救いだが、若さゆえにいつの間にか舞い上がって、不協和音を生んだり、道を誤るのは、スポーツや身体能力では圧倒的に格上の欧米、南米ではよくあること。日本球界でも過去少なからず悪例はあった。逆に順調に大物としてコンスタントに活躍するとしても、対戦相手が先述した開始時間などの面で割を食い、完全アウェー、あるいは悪役扱いされる不平等も生まれてしまう。これはまさにマスコミの行き過ぎた狂気報道による弊害だ。最近ではTBSが甲子園における禁止区域で執拗に取材したため、取材禁止となった。しかも次回大会までは続くらしい。元々TBSはスポーツには理解が乏しく、かつてボクシング亀田興毅ブーム時には、試合開始1時間以上前から前座的なコーナーなどつまらない特集ばかり放送、最近では「ひるおび!」においても、錦織圭やなでしこジャパンの国際試合があるときには、応援を強要したり、対戦相手の不幸を願うような番組作りが見られ、正直見苦しさや下品さを感じる。そういう意味ではTBSが当面高校野球取材禁止になったのはよかったと思う。

こうなると今後高校野球において、清宮幸太郎のさらなる活躍が期待されるが、一方で対戦相手もこれまでのようにカモにされるままではいけない。仙台育英の佐藤世那投手のように自分の持ち味を十分出し切り、抑えなければならない。これまではあまりなかったような徹底した内角攻めも必要だ。かつて高校野球がもっと人気があった時代は清原和博がヒーローだったが、当時の対戦相手は清原相手でも一切臆することなく内角へも投げていた。ちなみに当時のPL学園は全て第1試合でコンディショニング上有利ということはなかったはず。そういう意味では清宮幸太郎は前述した配慮・贔屓などを受けていたため、清原と比べると明らかに甘い。PL学園については、過去に体罰や付き人制度がよくないと思ったことはあったが、生まれつきの環境が恵まれすぎた温室育ちエリートばかりがマスコミやスポンサー絡みで変に贔屓(というより利用?)されて、本来あってはならない不平等や格差が生まれるくらいなら、練習や指導体制が厳しすぎたとしても、PL学園が強かった時代の方がよかったのではないかと最近は感じる。

ひとつ言えることは、清宮幸太郎には浅田真央や羽生結弦、なでしこジャパンみたいにはなってほしくない。本田圭佑みたいに常時王様気取りが許されるほど贔屓されてばかりよりも、PL時代の清原和博のように厳しい環境で揉まれ、それを乗り越えて結果を出す方が本人のためになるし、対戦相手も見ている人も納得できる。だからこそマスコミ各社にはこれ以上清宮幸太郎での狂気報道はやめてほしいし、高野連も関連スポンサーなども清宮ブームによる商売のために他校に割を食わせるようなマネはしてほしくない!
スポーツは本来同じ条件で戦い、優勝劣敗を競うのが大前提なのだから。そして清宮幸太郎ほどの大器だからこそ条件を不利にして戦わせる方が面白くなるのではないか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 15

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

トム
2015年08月20日 16:37
清宮君はこれまで執拗な内角攻めや死球を受けたことはほとんど無さそうだし、父親の名前や早稲田付属ということでかなり純粋培養されてきたみたいなので、次の大会からは対戦相手も遠慮なくぶつけてもいいくらいの気持ちで清宮君に挑んでほしいですね。
Ketaro
2015年08月20日 23:05
今回の異常な清宮ブームは高野連にも責任があるけど、マスコミは相変わらず狂ってますね。こういう持ち上げ過ぎの報道が清宮選手やその前の浅田真央、羽生結弦みたいな思い上がったスターもどきを生み、同時にライバル候補選手をつぶし、競技の底上げに苦しむことになるということを理解すべきです。
あと清宮選手はもっと苦労した方がいいです。来年また甲子園に出られるから甲子園の土を持って帰らないなんてまさに思い上がりでしょう。来年は都大会で敗退してほしいです。
野球嫌い
2015年08月21日 18:29
清宮幸太郎って何様のつもりだ!?代表に選ばれたからって自身の所属する早稲田実業だけ日程変更ってわがままだよ!そもそも甲子園でも何かと特別扱いばかり。かつての松井秀喜や清原和博なんてそこまで優遇されてなかったよ!周りの大人たちが清宮で商売したいんだろうけど、日本は本当にこういう不平等を生んでばかり!今後は対戦相手はみんな清宮にビーンボールを投げたり、全打席敬遠など、徹底した清宮包囲網を敷くべきだよ!
ふぶき姫
2015年09月02日 21:12
秋の都大会の日程をずらす事もどうかしてると思う。たった一人の選手のためだけに、他校の選手が不憫でならない。秋の大会は普通に始めるべき。ましてまだ1年。長い目で見守ったらいいだけ。

この記事へのトラックバック